投資信託

投資信託の種類とリスク・リターンの違い。特性を知って投資の幅を広げよう

こんにちは、マネエビス編集部です。

前回は投資信託の仕組みとメリット・デメリットについて解説しました。投資信託の全体勘を理解した方は、いよいよ投資信託を買ってみようと考えているかもしれません。

投資を買う前にもう1つ知っておいてほしいのが投資信託の種類についてです。ひとくちに投資信託(ファンドとも言う)といっても大きくいくつかのカテゴリーに分かれます。投資信託を選ぶために、それぞれのカテゴリーの特長を知っておきましょう。

この記事で知ってほしいこと
  • 投資信託には種類があること
  • 基本的な種類とその特長

投資信託の種類

ここでは投資信託を大きくいくつかの種類に分けてみたいと思います。

運用方針で分ける

まずは運用方針の違いで分けてみます。投資信託の運用方針によって大きくインデックス型(インデックスファンド)アクティブ型(アクティブファンド)に分けることができます。

インデックス型

インデックス型とは、国内外の代表的な指数と連動した運用成果を目指す投資信託のことです。国内であれば日経平均やTOPIX(東証株価指数)、米国であればS&P500などと極めて近い動きをするように運用されます。

特長としては、銘柄選定の手間が小さいために相対的に運用コストが低いこと、指数と連動した市場を丸ごと買うことになるため市場のマクロな動きを見て投資がしやすいことが挙げられます。(例:米国の市場が右肩上がりなのでS&P500のインデックスファンドファンドを買う、という具合)

インデックス型は価格変動が緩やかな反面、経済全体が拡大成長していくことを前提とすると長期的には資産価値が上昇する可能性が高い投資と言えます。

アクティブ型

インデックス型(インデックスファンド)と対象的なのが、投資対象を厳選して市場平均(指数など)を上回る運用成績を目指すアクティブ型(アクティブファンド)です。インデックスファンドほどの安定感はないためリスクが大きくなる反面、運用方針が上手く市場とマッチすれば短期間で大きなリターンを得ることも可能です。

市場平均との連動を目指すインデックスファンドに対し、市場平均を上回ることを目指すアクティブファンドは一見魅力的です。しかし注意しなければならないこともあります。それは運用コストの高さパフォーマンスの不確実性です。

運用コストの高さは、市場平均を上回るための銘柄組み換えをファンドマネージャーが頻繁に行うため自ずとコスト高になるということです。そのため、一般的にインデックスファンドと比べると高い信託報酬率が設定されています。

パフォーマンスの不確実性は、インデックスファンドを超える運用成績を出すことが難しいということを指しています。パフォーマンスが読めないのはインデックスファンドももちろん同じですが、過去の統計では、数あるアクティブファンドでもインデックスファンドの成績を上回ることができたのは全体の30%にも満たないというデータもあります。

このようにコストが高いことに加え、必ずしもインデックスファンドより良い運用成果が出るとは限らない点に注意してください。

金融商品で分ける

投資信託を投資対象の金融商品で分ける方法もあります。投資対象は株式のみではありません。投資信託によって、債権や不動産、先物などたくさんの金融商品のなかから何に投資するのかが異なります。

株式型投資信託

その名の通り、株式のみに投資する投資信託です。同じ株式でも国内外の世界中の株式銘柄に投資するもの、日本株のみ、先進国株のみ、新興国株のみといった地域特性があるものや、ハイテク株のみ、バイオ株、AI関連株のみといった特定の業種に絞った特性のある投資信託があります。将来成長が期待される分野はファンドが乱立する傾向があります。

債権型投資信託

こちらは債権のみを投資対象としたファンドです。世界中の社債、国債に投資をしていきます。一般に、債権市場は株式市場と反対の動きをする傾向があるため株式へのリスクバランスを調整するために株式ファンドと債権ファンドを両方保有するという手もあります。

不動産型投資信託(REIT)

国内外の不動産投資信託に投資するファンドです。通称REIT(リート)と予備ます。不動産は景気サイクルに敏感に反応する一方、株式や債権とも違った値動きをします。建設ラッシュの新興国のみならず日本を含めた先進国でも不動産系のファンドが高いパフォーマンスを上げることがありますので、不動産の市況を見ながら投資ポートフォリオに加えると良いでしょう。

コモディティ型

金や原油、穀物などのコモディティに投資するファンドです。株が企業の業績に連動した値動きをしていくのとは異なり、コモディティは主に需給バランスに基づいて値段が動きます。また世界情勢が不安定になり特定地域の地政学リスクが高まったり、貿易摩擦で交渉が難航したりするとコモディティの値動きが活発になることがあります。

 

このように投資対象によって分けるとファンドにもいくつかの特性が見えてきます。そして、これら複数の投資対象にバランス良く投資するファンドもあります。

バランス型

株や債権、不動産など複数の金融商品にバランス良く投資するファンドをバランス型と予備ます。さらに投資対象の地域分散が効いている場合もあります。

例えば、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)という投資信託は、株式・債権・不動産を国内、先進国、新興国に分けてバランス良く投資していくファンドです。

画像出典:公式サイト

バランス型ファンドの狙いはリスク分散です。商品と地域を細かく分けることで特定の市場や地域が下落しても資産全体が大きく損なわれないようにポートフォリオが組まれています。

地域で分ける

最後に投資対象となる地域で分ける方法もあります。日本国内、先進国、新興国、欧州、東南アジア、中国、アフリカといった地域名を掲げているファンドは大抵特定の地域に注力したポートフォリオを組んでいます。

或いは、世界経済インデックスファンドのように先進国と新興国の株と債権に分散投資することで世界経済全体と連動するようなインデックスファンドも特定地域に基づいたファンドの一種と言えます。

世界全体の経済に連動するファンドもある

また、地域特性のあるファンドの場合、どんな金融商品に投資するかも確認してください。

例えば投資対象をアフリカに絞ってある場合でも、アフリカの株や債権、不動産など複数の金融商品に分散投資されているものと、アフリカの不動産のみに絞ったファンドといった違いがファンドごとに存在します。

こうしたファンドを比較する際には「どこの地域の何に投資するファンドなのか」を忘れずにチェックしましょう。

ここまでのまとめ

投資信託はいくつかの軸で種類分けできる

  • 運用方針で分ける
  • 金融商品で分ける
  • 地域で分ける

まとめ

今回は投資信託の種類について解説しました。この記事で大切なのは、投資信託の種類によってリスクとリターンが異なるということです。初心者投資家の方は、いくつかの投資信託に分散投資しながら、少しづつ値動きやファンド特性を理解していくようにしてください。

また、ここで取り上げた以外にもETF(上場投資信託)や、投資信託と似た概念のファンドラップと呼ばれる投資商品もあります。

ETFと投資信託の違いはこちらをご覧ください。

ETFと投資信託の違い
ETFと投資信託の違いとは?ETFのメリットは【コストの安さ】と【リアルタイム売買】ETFと投資信託の違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説しています。ETFは初心者投資家にもはじめやすい投資商品です。ぜひご覧ください。...

ファンドラップについてはこちらの記事で紹介しています。

ファンドラップとは?特長と手数料を理解して正しく活用しよう最近話題のファンドラップ、どんな金融商品か理解していますか?ファンドラップは資産計画作りから運用まで丸ごとラップ(包括)して任せられるサービスです。初心者にもわかりやすくファンドラップの特長と注意点を解説します。...

この記事がこれから投資信託を買おうを考えている方の参考になれば幸いです。

積立投資で資産を増やそう

投資信託をはじめるなら
マネックス証券


✔  国内外の投資信託が充実!!
✔  スマホアプリで積立投資!!
✔  最短3分で口座開設申込み!

くわしく見る

初心者におすすめの証券会社
  • SBI証券

    SBI証券[旧イー・トレード証券]
    ネット証券口座開設数No.1!安心のSBIグループでスマホアプリの使いやすさも抜群!
  • マネックス証券

    初心者でも高度な分析ができる『銘柄スカウター』が大人気!米国株の取扱銘柄はダントツ!
  • DMM株(DMM.com証券)

    【DMM 株】口座開設
    業界最安レベルの売買手数料!コストを重視するならダントツでおすすめの証券会社!