投資信託

ETFと投資信託の違いとは?ETFのメリットは【コストの安さ】と【リアルタイム売買】

ETFと投資信託の違い

こんにちは、マネエビス編集部です。

今回は株と同じように売買ができる上場投資信託のETF(イーティーエフ)を解説します。ETFは通常の投資信託とは違った商品特性を持ち、投資信託と比較してメリット・デメリットがあります。

この記事でETFの基本を理解し、投資信託との使い分けができるようになりましょう。

この記事で知ってほしいこと
  • ETFとは何か
  • ETFと投資信託の違い
  • ETFのメリット、デメリット

ETFと投資信託の違いを勉强していきます

ETFとは

ETFとは証券取引所に上場している投資信託です。証券取引所は東証やニューヨーク証券取引所などですね。

投資信託は多くの投資家からお金を集めて資金を運用する商品で運用成果によって1日1回基準価額が変動しますが、ETFはその投資信託自体が上場したもので株価と同じように値段がついています。そのため、ETFは株と同じように売買注文を出して買ったり売ったりすることができるのです。

ETFは上場こそしているものの、中身は投資信託です。従ってETFが投資対象としているものは投資信託と同様に多岐に渡ります。くわしくは投資信託の種類について書いたこちらをご覧ください。

投資信託の種類とリスク・リターンの違い。特性を知って投資の幅を広げよう投資信託にはいくつかの種類が存在します。運用方針や投資対象、地域によってファンド特性とリスク・リターンが異なることを知り、投資の幅を広げましょう。...

ETFと投資信託の違い

もう少し詳しくETFの特長を見ていきましょう。ETF(上場投資信託)も投資信託の一種ですが、ETFと普通の投資信託ではいくつかの違いがあります。

投資信託よりコストが安い

ETFは投資信託と比べて保有コスト(信託報酬)が安いです。

以前の記事で投資信託には「購入手数料・信託報酬・解約手数料・信託財産留保額」といったコストがかかることを説明しました。まず、ETFの場合は「信託財産留保額」に該当するコストはありません。加えて、ETFは「信託報酬」にあたる費用が格段に安いです。

信託報酬は保有期間中ずっと発生する費用ですから、投資期間が長期になればなるほどETFのコスト優位性が高まります。

ETF最大の魅力は保有コストの安さ!

ETFはリアルタイム売買ができる

先ほど説明したようにETFは市場でリアルタイムに売買することが可能です。つまり、指値や成行注文で買値、売値を狙い定めた売買が可能です。

一方、投資信託は1日1回更新される基準価額が売買価格となります。そのため私たち投資家が普通の投資信託を買ったり売ったりする際、投資信託の正確な買値・売値はわからない状態で注文を出すことになります。ETFは買値・売値をコントロールできるという点で投資信託よりも優れています。

また、投資信託は買い注文を出してから約定・受渡しまで数日かかるのに対し、ETFは株式と同じように購入後にすぐ売却することも可能です。こうしたスピード感もETFの魅力のひとつです。

ETFはつみたてNISA対象商品が少ない

非課税制度である「つみたてNISA」を使って投資したい場合、ETFよりも投資信託の方が投資対象商品が豊富です。つみたてNISAでは投資可能な商品があらかじめ規定されており、その商品数は下記の通りです。(2019年9月現在)

つみたてNISA対象商品

  • インデックス型投資信託:144本
  • アクティブ型投資信託:18本
  • ETF:3本

残念ながら、つみたてNISAで投資できるETFはわずか3本しかありません。この3本の中にあなたが投資しようと思っていたETFが含まれていれば良いですが、そうでない場合は「つみたてNISA」を使ったETF投資はあきらめましょう。

つみたてNISA対象のETFは少ない

つみたてNISAの対象商品は定期的に変更・追加されます。最新情報は金融庁ホームページのつみたてNISAの対象商品をご覧ください。

2019年12月にNISA制度の見直しに関する報道がありました。2020年以降はNISA制度が変更になる可能性があり、つみたてNISAの投資対象やつみたてNISAの制度自体が変更になる可能性があります。

ETFのメリット・デメリット

ここまで説明してきた内容を踏まえ、投資信託と比較したETFのメリット・デメリットをまとめます。

ETFのメリット

  1. 保有コストが安い
  2. リアルタイム売買できる

株と同じようにリアルタイムで指値注文や成行注文で売買ができる点もさることながら、やはりETFの最大のメリットは保有コスト(信託報酬)の安さでしょう。

ETFのデメリット

  1. 金額指定では買えない
  2. 売買頻度が高いとコスト高になる

これらのデメリットについて少し補足します。

まずは①「金額指定では買えない」についてです。多くの投資信託は「今月は3,000円分だけ買おう」ということが可能であるのに対し、ETFはそうはいきません。株式と同じようにETFには市場価格が付いていますのでその価格でしか購入できません。したがって「今月はETFを3,000円分だけ買おう」ということは不可能です。そういう意味ではETFは1回数千円のような極めて少額な投資には不向きとも言えます。

続いて②「売買頻度が高いとコスト高になりやすい」についてです。投資信託はノーロードという購入時の手数料がゼロ円の商品が増えてきています。一方でETFを市場で買う場合は必ず購入手数料が発生します。つまり、小口の少額投資を何度も繰り返すとETFはその都度購入手数料がかかり、コスト高になってしまいます。

保有期間中の信託報酬は投資信託よりETFの方が安いものの、小口の少額積立投資での購入手数料はETFより投資信託の方が安くなります。

ここがポイント!

デメリット①②をまとめると少額積立投資にはETFは不向きとなります。

裏を返せば、数十万から数百万円といったまとまった金額を一括でインデックスファンドに投資して長期保有したい場合は保有期間のコストが安いETFが有利ということです。

ここまでの内容をまとめます。

ETFと投資信託の比較まとめ
  • 少額積立投資なら投資信託が◎
  • まとまった金額を長期投資するならETFが◎

ETFと投資信託の違いを理解して上手く使い分けよう!

ETF投資の始め方

ETF投資の始め方は至ってシンプルです。ETFは投資信託の一種ですが、上場している金融商品なので購入方法は株式と同じです。

  1. 証券会社に口座を作る
  2. ETFを選ぶ
  3. 市場で買い注文を出す
  4. 保有する

ETF投資を始める流れは株式投資とまったく同じです。証券会社に口座を持っていない初心者の方は、証券会社を選んで口座開設するところから始めましょう。

はじめての証券会社の選び方はじめて証券会社を選ぶときに大切な3つのポイントを中心に、初心者向けに証券会社の選び方を解説しています。手数料、取扱商品、ツールの利便性を見極めて各社を使い分けるようにしましょう。...

まとめ

ETFについて説明してきましたがいかがでしたか?

ETFと投資信託は混同しがちな金融商品です。ETFと投資信託のどちらが優れているということはありません。投資スタイルによって向き不向きがあることを理解て使い分けるようにしましょう。

繰り返しですが、信託報酬(保有期間のコスト)の安さとリアルタイム売買がETFの最大の魅力です。まとまった金額を長期投資する場合はインデックス型のETFは非常に優れた投資対象です。

ETFを買ったことがないという方、これから長期投資で資産形成を目指す初心者投資家の方は、ETF投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ETFをはじめるなら
マネックス証券おすすめ!


✔  国内・海外ETFが豊富!
✔  スマホアプリも充実!!
✔  最短3分で申込み完了!

マネックス証券で口座開設

初心者におすすめの証券会社
  • SBI証券

    SBI証券[旧イー・トレード証券]
    ネット証券口座開設数No.1!安心のSBIグループでスマホアプリの使いやすさも抜群!
  • マネックス証券

    初心者でも高度な分析ができる『銘柄スカウター』が大人気!米国株の取扱銘柄はダントツ!
  • DMM株(DMM.com証券)

    【DMM 株】口座開設
    業界最安レベルの売買手数料!コストを重視するならダントツでおすすめの証券会社!