SBI証券で口座開設しよう

ネット証券口座開設者数No.1!スマホアプリは抜群の使いやすさ!

SBI証券はネット証券の口座開設者数No.1の人気証券会社です。オリコンの顧客満足度調査やお問合せ窓口の格付けなど外部機関の調査でも非常に高い評価を得ています。抜群の操作性と豊富な情報量でスマホアプリも使いやすさも抜群。取引所が閉まっている夜間帯でも売買取引が可能なPTS(私設取引所)が用意されているのはサラリーマン投資家にも嬉しいポイント。証券口座を開設するなら業界最大手のSBI証券がおすすめです。

SBI証券の特長
  • 業界最大手
  • 手数料も安い
  • 抜群に使いやすいスマホアプリ
  • PTSで時間外取引も可能
  • Tポイントで投資可能
  • コツコツ応募!IPOポイントあり

SBI証券のキャンペーン

いまSBI証券で口座開設すると抽選で20名にTポイント100万ポイントがプレゼントされます。

SBI証券で口座開設

SBI証券の手数料

まずは国内の現物取引から紹介します。SBI証券のインターネット注文では2つの手数料プランが用意されています。1回の約定金額に応じたスタンダードプランと、1日の約定金額に応じたアクティブプランです。※以下、手数料金額はすべて税抜です。

スタンダードプラン(1注文約定金額毎)

1注文の約定金額に応じて手数料が計算されるプランです。最低手数料は1約定50円からとなっています。

1注文の約定金額 手数料
5万円以下 50円
10万円以下 90円
20万円以下 105円
50万円以下 250円
100万円以下 487円
150万円以下 582円
3,000万円以下 921円
3,000万円超 973円

アクティブプラン(1日約定金額毎)

1日の約定金額の合計金額に応じて手数料が計算されるプランです。1日の約定金額の合計が10万円以下の場合は0円、以降は合計金額に応じて手数料がかかります。取引していない日は手数料はかかりません。

1日の約定金額 手数料
10万円以下 0円
20万円以下 191円
30万円以下 286円
50万円以下 429円
100万円以下 762円
以降100万円増加毎に 400円ずつ増加

以上が、SBI証券の国内現物株の2つの手数料プランです。手数料は適宜変更になる可能性がありますので最新情報はSBI証券公式サイトより確認してください。

現物PTSの手数料

SBI証券で利用できる時間外取引の現物PTS取引の手数料は次の通りです。

1注文の約定金額 取引手数料
5万円以下 47円
10万円以下 86円
20万円以下 100円
50万円以下 238円
100万円以下 462円
150万円以下 553円
3,000万円以下 876円
3,000万円超 924円

 

続いて、SBI証券の米国株取引の手数料です。

米国株取引の手数料・費用

取引手数料

米国株は1取引あたりの約定金額に応じて手数料がかかります。

1取引あたり 約定金額の0.45%
最低手数料0米ドル
手数料上限20米ドル
外国為替取引の手数料・費用
為替手数料 25銭
権利取得にかかる税金
個別株の配当金
ETF分配金
米国現地:10%
日本国内:現地徴収後の金額に対して20.315%
租税条約に基づいた金額が源泉徴収されます。

SBI証券は米国株取引の手数料、費用においても業界最安レベルです。米国株取引に興味がある方はSBI証券がおすすめです。

SBI証券で口座開設

SBIの取引ツール

SBI証券には初心者からベテラン投資家まで人気の高い取引ツールが豊富に揃っています。中でも最も目を引くのが他社を圧倒する優れたスマホアプリです。

スマホアプリ

SBI証券のスマホアプリは、使いやすさと抜群の情報量で多くの投資家から支持されています。初心者にもわかりやすく、ベテラン投資家が求める情報量も十分に網羅されているのが嬉しいところ。もちろん会社四季報の情報も閲覧可能です。

多くの個人投資家はスマホアプリを通じて売買取引を行っているというデータもあるように、投資においていまやスマホアプリの使い勝手の良さは欠かせません。SBI証券は個人投資家に向き合った優れたアプリを提供してくれています。初心者の方にもぜひおすすめの証券会社です。

SBI証券で口座開設

便利なサービス

IPOチャレンジあり

SBI証券は完全平等抽選ではないものの、IPOのブックビルディング申込みをする度にIPOチャレンジポイントが貯まるユニークな制度を採用しています。人気が高くなかなか当選しにくいIPOですが、あきらめずに応募を繰り返すたびにIPOチャレンジポイントが貯まります。貯まったIPOチャレンジポイントを次回以降のIPO応募で使うと当選確率がアップ!しかもポイントを使っても当選しなければポイントは減少しないのが嬉しいところ。

コツコツとIPOチャレンジポイントを貯めつつ、ここぞというときにはポイントを使って応募しましょう。粘り強くIPOにチャレンジしていきたい方にはおすすめの制度です。

SBIポイント

SBI証券で国内株取引や投資信託を保有すると金額に応じてSBIポイントが貯まります。SBIポイントはTポイントに交換でき、SBIネオモバイル証券ではTポイントを使った投資も可能です。他にもSBIポイントはANAやJALのマイレージへの交換、お肉やお米、ワイン、家電などの商品とも交換可能です。SBI証券で口座開設し、ポイントを貯めてお得に活用しましょう。

Tポイントで投資信託が買える

SBI証券では2019年7月からTポイントを使って投資信託を購入できるサービスを開始しました。日本最大級のポイントサービスであるTポイントを使ってお得に投資できるサービスはこれから投資を始める方でも活用しやすい嬉しいサービスです。

しかも国内株式の売買取引や投資信託を保有しているとTポイントが貯まります。Tポイントを貯めながら投資に回すことができまる一挙両得のサービス。ぜひ積極的に活用しましょう。

※このページではSBI証券公式サイトより一部画像を転載させていただいています。

圧倒的人気で口座開設数No.1!
SBI証券おすすめ!

SBI証券[旧イー・トレード証券]
✔  ネット証券口座数No1!
✔  IPO取扱トップクラス!
✔  最短3分で申込み完了!

SBI証券で口座開設